不動産投資において重要などういう人に家を貸すか?という問題

不動産投資を行う際には、誰に家を貸すのかという部分を考慮しながら物件を選んでいかないといけません。
それは大きく分けると、一人暮らしなのか家族で住むのかということです。それによって家の選び方も変わりますし、選ぶ家に備わっていないといけない条件も変わります。

一人暮らしと家族用で違う部分といえば、部屋の数や広さです。
一人暮らしならばワンルームでも構わないかもしれませんが、家族で住むときにワンルームでは厳しいです。

さらにこの2つで変わるのは、家の周囲の立地条件についてです。
一人暮らしに比べて、家族で住む場合にはより周囲の立地条件が厳しくなると思います。
仕事に出かける人にとっては駅までの距離、子供がいれば近くに学校があるのか、買い物に行く人にとってはスーパーなどが近いかといった、細かいけれど毎日の生活に欠かすことのできない条件を重視して選ぶ傾向にあります。
しかし、一人暮らしの場合には、安ければそういう条件が整っていなくてもOKという人もいるでしょう。

不動産投資を行う際には、一人暮らし向けの不動産にするのか、家族向けの不動産にするのかということを決めなければなりません。どちらのターゲットに的を絞るのかという点が決まれば、その後の家の選びで失敗する可能性が少なくなるのです。